京都祇園火事火元はどこ?原因は?場所特定と現場の画像や動画

京都祇園火事火元はどこ?原因は?場所特定と現場の画像や動画【画像有】2019年7月8日午後9時ごろ京都祇園の花見小路付近で火災が発生し5棟が燃えた。この記事では、京都祇園火事火元はどこ?原因は?場所特定と現場の画像や動画についてまとめていきます。


京都祇園火事の報道

8日午後9時15分ごろ、京都市東山区祇園町南側の小料理店の女性店主から「店内に煙が立ちこめている」と119番通報があった。市消防局などによると、木造2階建ての同店を含む5棟が燃えており、約20台の消防車が出動した。消防隊員らが周辺の店の客らを避難させ、現場は騒然とした雰囲気になった。けが人は確認されていないという。

現場は花街・祇園の花見小路通沿い。昔ながらのお茶屋や飲食店などが立ち並び、外国人観光客らも多く訪れる観光街だ。避難した人や見物人が歩道からはみ出し、何度もタクシーのクラクションが鳴った。芸舞妓(げいまいこ)たちも消火活動を見つめていた。

近くの女性(54)はサイレンの音で火災に気付き、自宅の屋上に上がったら、煙が見えたという。「大きな火事でびっくりし、あわてて家を飛び出した」と話し、不安そうに現場を見つめた。

昔ながらのお店ということで木造建築の店が多く、火が写ってしまうのがはやかったのかもしれませんね。

けが人は確認されていないということで不幸中の幸いです。

 


京都祇園火事火元や火災の場所はどこ?

京都市東山区祇園町南側の小料理店店主から119番通報があったようですが、京都祇園火事火元や火災の場所はどこなのでしょうか?

京都祇園火災の場所は美登幸(みとこ)

京都祇園で火災があった場所は、祇園の中心にあるは花見小路通りの南側にある京料理の有名店「美登幸(みとこ)」です。

元SMAPの中居さんのドラマ「味いちもんめ」京都編のモデルになった店でもあるようです。

京都祇園火事の火元は美登幸(みとこ)の隣「京料理舞妓」


京都祇園火事の火元は「美登幸(みとこ)」ではなく隣の店だという情報が入っています。

地図で確認したところ、「京料理舞妓 祇園四条店」かと思われます。

火災になった原因はまだ明らかになっていません。

わかり次第追記します。

 


京都祇園火事現場の様子【写真・動画】


京都祇園火事に対する世間の声