アニマルライツセンター牛乳漫画に酪農家が激怒!牛虐待を描いた漫画家は誰?ツイッター特定!

動物愛護団体であるアニマルライツセンターが牛乳を作られる真実として、牛が劣悪な環境で虐待にあって作られていると漫画にしてTwitterに投稿し炎上しています。酪農家が風評被害だと激怒しデマだという声が多数挙げられています。牛虐待のデマを拡散した牛乳漫画に酪農家が激怒!漫画家は誰?ツイッター特定!についてまとめました。


アニマルライツセンター牛乳漫画に酪農家が激怒?

牛乳漫画のは自分が牛になった設定で、首が拘束され身動きがとれずコンクリート床で、劣悪な環境でストレスを受けながら育てられていることを伝えている漫画です。

この漫画大してデマだ!と非難する声が殺到しています。


アニマルライツセンター牛乳漫画がデマだと批判する声と理由


劣悪な環境でストレスを受け牛が育てられれば乳量も減るし、酪農家にとっては死活問題。それはあり得ないしデマだと言えます。

この漫画を見て牛乳を買うのをやめよう!となる人がいれば、風評被害ですし酪農家が激怒するのは無理もないですよね。


アニマルライツセンター牛乳漫画を描いた漫画家は誰?Twitter特定!

牛乳漫画を描いたのは牛乳は癌の元(@vegemanga)
というアカウントだと特定されています。

菜食主義者で動物愛護家のかたのようで、牛の保護が目的で「牛乳は癌の元」など主張されています。

プロフィールに動物愛護団体のアニマルライツセンター会報で4コマ連載中とありますね。

動物を守りたいという気持ちは素晴らしいと思うのですが、デマやフェイクニュースを流して酪農家の方を苦しめるのはやめてほしいと思います。


Twitterではアニマルライツセンターを報告・ブロック!大炎上